So-net無料ブログ作成

失業者に対する求人

読売新聞にこんな記事があった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090112-00000003-yom-soci

やっぱりな、と思った。
全部とは言わないが、「仕事がない」と叫んでる人たちは選り好みをしていると思っていた。
以前にもこんな話をしたと思うが、職種を問わなければ仕事はあるはずだと言った。
案の定記事の中にこんな話が載っている。

「募集中の仕事はいっぱいあるんですが、今までやったことのない業種ばかりで……」。

ホテルの住み込み清掃員に採用が決まりかけたが、「給料が安く、将来につながらない」と断った。「自分は人見知り。営業や居酒屋の店員などは難しい」と今も自動車関連の仕事を探し続けている。

昨年11月の数値を見ると、「一般事務職」は0・27倍、「製造・土木」も0・55倍と極めて低い。これに対し、・・・特段の資格が必要ない「接客・給仕職」で5・93倍、「警備職」も5・74倍の求人があるのだ。

世の中の非常事態に好きだの嫌いだの言っていられるのか。
それを政府や社会の責任にしたいのか。

先日麻生総理がハローワークに行って、若者と話すシーンをニュースで見た。
総理としてはパフォーマンスだったであろうし、テレビで話す評論家は「総理はわかってない」と相変わらず批判ばかりだった。
私が気になったのは、その若者との会話の中でのこんなことだ。
総理「君はどんな仕事をしたいの?」
若者「特にはないんですが、できればせっかく東京に出てきたので、カッコいい仕事がいいんですが」
総理「世の中だいたい、カッコいい仕事は給料が安くて、カッコ悪いのは給料が高いんだぞ」

一国の総理が、よくこんなアホな若者にきちんと話をしてくれたものだと思った。
仕事がなくて食っていけなければ、好きも嫌いもない。
嫌でも頑張ってやらなければいけないときもある。
誰もが好きな事やって食ってるわけじゃない。

田舎に帰ればいいのにと思うと「田舎にはもう何年も連絡してない・・・」。
私が思うに田舎からも逃げてきたんだと思う。
嫌な事から逃げて逃げて今に至っている、としか思えない。

つまりこの種の人は、悪いのは社会や大人で、自分は悪くない、と思っている。
社会が自分に合わせてくれないと文句ばかりを言って、自分を社会に合わせる努力をしないのだ。
入社して仕事を教えようとすると、「先輩に文句ばかり言われて、人格まで否定された」「まだ僕の事なんてなんにも知らないくせに」などと言うのもこの類だろう。
ならば君は会社の、または先輩の何を知っているのか?
組織である会社が君ひとりに合わせなければいけないのか?

肩に荷を背負いたくないために、自ら好んで非正規雇用をしていた人も多いと聞く。
多くの正社員は、家族を養うために、将来の安定を手にしたいために、サービス残業や休日出勤への文句も我慢し、好きでもない仕事を頑張っている人も多いのだ。

不動産業界では「駅に近くて、広くて、安くて・・・」 『そんな物件ねぇよ!』 という客のことを「ドリーマー」と言う。
そんな物件は夢で見てください、ということだ。

「残業なくて、楽で、楽しくて、好きな事で、給料高くて・・・」 『そんな仕事ねえよ!』

misatoHP.jpg
http://c21homenet.co.jp
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。